忍者ブログ

[PR]

2017/09/22  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

百度・バイドゥが始めたライブラリ(ファイル共有)サイトがムチャしてる

2011/02/02  カテゴリー/ファイル

百度(バイドゥ)が始めたファイル共有サイト「Baiduライブラリ」が物議を醸しています。
このBaiduライブラリはユーザーが好きなファイルをアップロードしたり閲覧したり、ダウンロードが出来るファイル共有サイトなんですが、すでに漫画や書籍をスキャンした、どうみても著作権を侵害したファイルがアップされています。

元々は日本のベンチャー企業「イデアルリンク」が運営していた「ホットドックス」(Hotdocs)というサイトで、07年9月にオープンしたものです。
それをバイドゥが10年11月に買収し、「Baiduライブラリ」としてリニューアルしました。


このHotdocsというサイト、
バイドゥが買い取る前から違法ファイルが上がっている事で問題を指摘されていて、株式会社イデアルリンクの運営側も利用規約を定め監視体制を取っていたがまったく追いついてなかったようだ。
09年7月には運営公式ブログで
「Hotdocs運営者の山本です。
いつもHotdocsをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お陰様で当サイトは順調に成長を続けております。

しかしながら、サイトの成長と共に
最近になって権利者の許諾を得ない著作物の無断アップロードが増えてまいりました。
弊社内でも監視体制を強化し、パトロールを続けておりますがこの場を借りて今一度申し上げます。

権利者の許諾を得ないコンテンツのアップロードは禁止です!!

と叫んでいる。
だが、それで違法アップロードをやめるヤツもいなかったんだろう。

この株式会社イデアルリンクは
「東工大発ベンチャーとして、その高い技術力を生かし、社会に役立つサービスを生み出していきます。 」
となっている。
株式会社イデアルリンク
http://www.ideallink.jp/

東工大にしてはちょっと考えが浅かったなぁ。
また株式会社イデアルリンクのほうではHotdocsに対して、
『みんなで創るドキュメント図書館「Hot.Docs」』
というキャッチフレーズを付けている。

どうやら図書館のような公共的なサービスを夢見ていたんだろう。
だが普通はこの手のファイルをうpするサービスは著作権の問題に突き当たる。

というかこういうファイル共有サービスを作れば、著作権無視の違法にスキャンしたファイルが上がってくるのは「当たり前」で分かっていた事だろうに。
ある程度でうpファイルが消えてくうpろだならまだしも、ずっと残ってファイルをやり取りするとなると問題ありすぎだろ。

現在イデアルリンクは10月1日付けでソーシャルゲーム開発のDigiDockに吸収合併され、イデアルリンク代表はDigiDockの取締役に納まっている。
IT系(笑) の会社ってこればっかりだね。
わけわからんのがいろいろ出来たり引っ付いたりしながらなんとなくキャリアにしている。
身近でもけっこうあるけど。

これに伴ってイデアルリンクはHot.Docs 事業を百度(Baidu)に譲渡したようだ。


完全にこの百度(バイドゥ)のBaiduライブラリ・ファイル共有サービスはまずいと思う。
とりあえず片っ端からアップした違法ファイルを削除して、
著作権に触れる漫画や小説ファイルをアップした人間を捕まえるしかないと思うが。
さて今後とうなるやら。
PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック